第92話 韋小宝の休日(3)

第92話 韋小宝の休日(3)の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pwm092.jpg


あひゃひゃ、ちょっと間があいちゃいました。 ^^;;

韋小宝のお話しの、その3をお届けします。

今回はちょっと読みやすくしたつもりだけど、どうかな?


【追記】
「年寄りには読めん!」と、あおねっちが言うので、今回もセリフを文字で書いておきます…
><;;


「もとはといえば、みんなクジのせいなんだ。おいらは職務に忠実にしているだけなんだけど うるさい!ってクレームが山ほど来ててねぇ、おいらのチャット窓は、もうず~っとピンクに染まったままなんだよ」
「それだけなら、まだいいんだけど、最近は家にも昼夜問わず無言電話が掛かって来てたりして、カミさんもすっかりおびえちゃっているんだよ」


「こないだは カミさんのところに人が来て」
「なんてことも あったらしい」


「そんなこんなで、カミさんは毎日泣いてるし、おいら家に帰っても、ちっとも気が休まらないのさ、しまいにはこの通り、声が出なくなっちゃってね」
「運営に掛け合うって?知り合いでもいるのかい?」


です。 ^^;;


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/28(火) 09:03 | | #[ 編集]
!!
あの『西部警察』の大門のようなグラサンをかけてる人は
運営の手下だったのかっ!!

誰だなんて口が裂けてもi(ry


ナメクジ部屋?



(||゚Д゚)ヒィィィ!



|壁|lll´Д`)))ブルブルブル
2008/10/28(火) 12:24 | URL | ゆら #-[ 編集]
ヒドイせらい・・・いや、人もいたもんです!w
でもちゃんと自腹を切って交渉されるところ、優しい方ですねww
2008/10/28(火) 16:00 | URL | ツメレンゲ #Ij9WZHRI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
内容:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mkpw.blog123.fc2.com/tb.php/241-cdcdb7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。