2009年02月

2009年02月の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しくてもブログ巡りは欠かさないせらいね(息抜きと称してサボってるわけでは無い…たぶん)。ふとやだっちさんのところを見に行ったら、こんな記事が…!

あ~~~~!こう言うのダメです!せらいねに見せてはいけません!ダメだって言ってるのに…。時既に遅し…火がついてしまいました…。

20090205-001.jpg


マンガにするつもりは無かったんだけど、たまたま4コマになったので、枠に入れてしまいました。

あ~あ(笑)。

スポンサーサイト
ちょっと立て続けに聞かれたりしたので、他の記事でも書いたりはしてあるんだけど、改めて書いておこうかと思います。


MMOが始まって以来、ゲームの中から生まれてきた言葉が多々有ります。そうした言葉(単語)は、次第に一人歩きを始めて、いつしか初期の意味合いとはちょっと違う意味合いを持つものに変化したり、名詞だったはずの言葉が動詞に変わったりと、色々と変わって行きます。言葉は生き物なので、まぁ、それはそれでいいのかな等と思ってみたり…。

さて、今回聞かれたのがバフとモブと言う単語でした。


【バフ】
一般的にプレイヤーにとって有益な効果を持つ補助魔法のことですね。

この単語の語源は、もうかなり古いMMOになってしまった「Ever Quest」と言うオンラインゲームまで遡ります。

その頃は、まだプレイヤーにとって有益な補助魔法をひっくるめて指す言葉は有りませんでした。みんなそれぞれの魔法の名前で言っていました。Ever Questの中で、プレイヤーにとって有益な補助魔法を沢山持っていたのが、クレリックとエンチャンターでした。

そのクレリックの魔法の中に、プレイヤーのHPを大幅に増やす魔法が有りました。その魔法を掛けると、モンスターから攻撃されたときに本来プレイヤーが持っているHPが削られる前に、その魔法で増えたHPが減っていくと言う考え方から、いつしかバッファ(Buffer:緩衝器・緩和物等の意味)魔法と言われるようになりました。

この魔法が非常に有益なものであったため、クレリック以外のプレイヤーがフィールドでクレリックを見かけると、「Buffer Please!」等と言って、補助魔法をおねだりする光景があちこちで見られました。クレリックをしている人達もも、そう言われるとうれしいので、そのHPを増やす補助魔法の他にも、自分が持っている他の補助魔法も含めて掛けてあげたりしていますた。そうこうしているうちに、次第にプレイヤーにとって有益な補助魔法を全てひっくるめてバッファ(Buffer)と言うようになり、いつしか定着してしまったと言うわけです。

その後、日本語にローカライズされたゲームでも、このころEver Questで遊んでいた人たちが多く流れ込んできていましたから、バッファと言う言葉がそのまま使われ、さらにはそれを省略してバフと言う言い方をする人達も出てきた…と言った感じかと思います。

プレイヤーにとって有益な補助魔法の呼び方として、エンチャント(enchant:魔力付与)と言う言い方をするゲームも有りますが、最近の全般的な流れからすると、プレイヤーに対する補助魔法をバッファ、武器や防具などに追加で特殊効果を持たせる様な補助魔法をエンチャントと言う様な流れになってきているような気がします。


【デバフ】
バフがプレイヤーにとって有益な補助魔法であるならば、デバフはプレイヤーにとって不利益な効果を持つ魔法全般のことを指します。

この言葉の語源もEver Questでした。但し、Ever Questの中ではデバッファ(de-buffer:de-は否定・逆転・悪意等の意味合い)と言うと「バッファの効果を消したり、攻撃速度低下等のプレイヤー(モンスター)に対して不利益な魔法」と言う意味合いが強く、継続的にダメージをもたらす魔法はDOT(Damege Over Time:継続的なダメージ)魔法と言う言い方をして使い分けていました。でも、その後にリリースされた幾つかのオンラインゲームの中で、継続的にダメージを与えつつ、その効果が有効な間はダメージ以外にも不利益な効果が発生すると言うようなものが出てきたため、いつしかダメージが発生するものも含めてデバッフと呼ぶようになったみたいです。


【MOB】
これもまた、Ever Questから生まれた言葉ですね。何にせよ、MMORPGと言うと、その始祖は「Diablo」・「Ultima Online」・「Ever Quest」辺りに収束して来るので、色々な言葉の語源も、やはりこのあたりのタイトルが元になっている場合が多いみたいです。

それまでのゲームでは、悪者=グロテスクな姿をした怪物=モンスターと言う図式がほとんどでしたが、Ever Questと言うゲームでは派閥と言う考え方が導入され、敵対する勢力が必ずしもモンスターであると言うわけでは無くなって来ました。

たとえば、プレイヤーは自分のアバターとしてエルフやダークエルフと言った種族を選ぶことが出来ましたが、このふたつの種族は敵対関係にあるため、うっかりエルフがダークエルフの領地に入り込んだりすると、途端にダークエルフの警備員がすっ飛んできて殺されてしまうと言う事になるわけです。

ダークエルフでプレイしている場合は、この警備員はモンスターから自分を保護してくれる、とてもありがたい存在なわけなので、いくら自分を襲う存在だとはいっても、これをモンスターとは言いにくい状態でした。

そんななかで生まれてきた言葉がMOBと言う言葉でした。MOBはMobile objectまたはMovable object(動く物体:一般にクエストをくれるNPCや商店などのNPCは特定の場所から動かないのに対し、モンスター等のNPCは動き回るため、動く物体=モンスターと言う考え方)の先頭の文字のMOBと、暴徒・乱民などの意味を持つ英語のmobを掛け合わせて出来た言葉です。この言葉が出来たおかげで、自分に敵対する存在は、モンスターも何もかもひっくるめてMOBとひとことで言えるようになり、その便利さからすぐに定着した言葉になりました。

その後にリリースされた多くのMMORPGでは、自分を襲うNPCはモンスターのみと言うパターンがほとんどであったため、このMOBと言う言い方は忘れ去られるだろうと思っていたのですが、今でも時々耳にするので、ちょっと意外に思ったりしています。


あ~、なんで私は、もっと短い文章が書けないんだろう…また長くなっちゃいました。と、言うことで、おしまぁ~い!

英語で「Away From Keybord」の略です。キーボードから離れる->離席すると言う意味ね。

他、何かありますかぁ?

 
20090210-001.jpg


いや、実際のところバレンタインとかって、「あんなお菓子屋さんの策略にだれがのるものか!」ってな感じでずっといたので、けっこう疎いかも…。

今朝、たまたま朝のTVみてたら、やっぱりバレンタイン関係のお話しをしてて、そんななかで「板チョコ型のTシャツ」なんてのが有りました。

「色はチョコレート色だけど普通のTシャツ」を圧縮加工して、板チョコの形にしてるだけなんだけど、まぁ、色々考える人がいるもんだなぁと思っちゃいました。^^;;

女性軍は、もう準備済んだのかな?義理チョコの…。

20090211-001.jpg


みさこさんも、あのTV見たのね。^^;;

写真が無いかなぁと思って、変なもの売ってる楽天市場を探したけど、あの板チョコTシャツは見つかりませんでした。でも、チョコ型の変なものけっこうあった。

  
  

左上から チョコ型アロマキャンドル/板チョコ型ペアストラップ/板チョコ型の電卓/チョコ型マグネット/板チョコ型の携帯灰皿/チロルチョコのガラをしたドンジャラ?っていうのかな?マージャンみたいなやつ。他にも変なものあっって、けっこう笑った。

でも、もっと笑ったのが…さすがバレンタインシーズン!上記のものがほとんど売り切れ!(笑)。けっこうみんな買ってるんだね。驚いた。 ^^;;


話し変わって…

うなぎパイと言ったら、静岡は浜松だね。しかも、うなぎパイのパッケージに「夜のお菓子 うなぎパイ」って書いてあるの知ってる?(笑)。もうパッケージ変わってしまって、いまは書いてないのかなぁ?

下のマンガの続きは…ぐれちが書いてくれました(笑)

見に行ってくださいませ。 → ここ


さて、今日は完美じゃ無いお話しなので、続きに隠しておきます。

続きを読む
ちょっと落ち着いてきて完美できる時間も出来てきたので、またブログも更新しなきゃいけませんね。

とりあえず構想中のあおねちゃん主人公の物語「伝説の龍を捜し求めて(仮名)」を作ってしまおうかと思います。下の写真は加工のテストをしたときの1枚だよ。

20090223-001.jpg


今週の中ごろから撮影開始になるので、UP開始は週末くらいかなぁ?


さて、昨日はジュンちゃんが59Dの鉄を消化したいと言うことなので、久々にINした戦士のシラヌイさんを拉致して行ってきました。偶然にもシラヌイさんもLv66でしたので、ローブ弓のターニィ・軽装備&ローブ弓の水無月ジュン・斧戦士のシラヌイ・精霊のタミィのLv66カルテットになりました。

途中の近接攻撃型のザコは戦士のシラヌイが壁、弓タイプのザコは軽装備での弓のジュンちゃんが壁、魔法タイプのザコはローブ弓のターニィが壁と言う具合に適材適所に壁を切り替えて進んだので、かなり楽だったかも。

さて、ボス戦ですが…ターニィの装備チューンンアップはまだ終わっていなくて、ステータスもろもろは前回の記事のままなんだけど、それでも、その前に書いた記事の時に比べると、かなり楽になっていました。

20090223-002.jpg


ただ、新しい問題が発覚…ターニィの火力が低すぎて、ボスのヘイトを維持しきれずに簡単にタゲを持っていかれちゃうみたい。敏捷も弓が装備できるぎりぎりにしか振っていないからなぁ。新しい課題が増えちゃいました。

20090223-003.jpg


後半の2匹、カイチとスレイアニマルは、ジュンちゃんに壁をしてもらいました。2匹とも遠隔から攻撃をすると火系の継続ダメージ魔法しか使ってこないのでレストアさえこまめにかけていれば楽勝です。この子達の場合は、遠隔から攻撃できるタイプの職であれば、精霊や魔道・妖精などでも安定して壁が出来て、しかもトラ・戦士などが壁をするよりヒーラーは楽が出来ます。59Dに行く機会があったら、是非試してみてくださいな。



20090228-001.jpg


ぱふぇまんが100話記念の特別企画第1弾「伝説の龍を探し求めて」のUPを開始します。

まだ撮影進行中なんだけど、来週の土曜日までを目標に、全話UPしたいなぁと考えています。折角の特別企画なので、ちょこちょこいろんな人に出演してもらおうかと思っているので、声が掛かったら宜しくお願いします。 ><;;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。